トレーサビリティーと有機認証

0

    こんにちは! 名古屋は今日から梅雨明けモード。暑いですね☆

     

    本日午前に届いたスマトラガヨ。パレットに積まれてシュリンクされている状態。1パレットに11bag載っているので、スマトラは60圓覆里妊僖譽奪塙みで670/1パレットくらいでしょうか。インドネシア以外は基本70/袋なので、1パレット800圓舛く。10Tトラックからはご近所の工場のご協力のもとフォークリフトで下ろすのですが、倉庫の中を移動させる際はハンドリフト。なかなか大変です。

     

    左端にちらりと見える緑色の四角い紙のようなものは、「コーヒー豆の検査のために少し豆をいただきましたよ」という名古屋検疫所食品監視課のお知らせメモみたいなものです。

     

    書類上でも麻袋でも、ID等で生産者協同組合からフェアビーンズまでトレースできるようになっています。FLOとあるのはフェアトレードに興味のある方はご存知の方も多いかと思いますが「Fairtrade Labeling Organization」の頭文字。フェアビーンズコーヒーは、キリマンジャロを除き、海外から到着するのですが、全ての豆において生産者が適切な対価を受け取っていますよ、と説明できるカタチで豆をお届けしています。認証コーヒーの現場は私が中米に滞在した時に見て確認してきていることなのですが、コーヒー豆の各ロットはその都度説明できるようにしておかないといけません。

     

    こちら↓はオーガニック認定書の一部分。100%オーガニックですよ、という証明です。スマトラはUSDA有機認定ですが、どの種類も(キリマンジャロを除く)、なんらかのオーガニック認定書がロットごとにあり、必要な時に必要な所へ提出できるようにしています。

     

    フェアビーンズで輸入している原料豆は、足りなくなったからいってすぐに確保できるわけではありませんので、必要な豆の輸入が無事終わり、在庫をきちんと確保できると一安心です。



    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    書いた記事数:432 最後に更新した日:2019/12/04

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM