【受付はまだです♪ 支援準備の途中経過☆】ふくしま/いわき応援プロジェクト(仮称)

0

    がんばれ東北、がんばれ福島、がんばれいわき

    ふくしま/いわき応援プロジェクト(仮称)

    このプロジェクトは、メインの震災/津波報道からはずれ、放射能の風評被害で物流などが滞り、物資の不足など困難な状況が伝えられている福島県いわき市の応援に軸足をおいて、名古屋近辺にいる私たちができることから少しずつ震災復興の応援を行っていきたい!というプロジェクトです☆

    ◎支援物資の物流ルート◎
    現在、被災地支援に取り組んでいる関東地方のNGO/NPOの協力のもと、名古屋から2つの物流ルートでの物資支援を検討しています。

    1つはピンポイントでいわき市を中心とした福島県の支援(名古屋→東京→福島)。

    もうひとつは、福島のニーズを踏まえつつ、福島を中心に臨機応変に東北各地へ物資をお届けするというルートです(名古屋→東京→茨城→福島 or 東京→仙台→東北各地)。

    この2つのルートは現時点でほぼ確定しています。

    ◎必要物資の最新情報◎
    現時点における福島県/いわき市で必要な物資の情報が本日(22日)届きました。すでに関東地方では品薄で確保することが難しい物資も含まれています。

    ◆医薬品◆
    カゼ薬、胃腸薬、解熱剤

    ◆日用品◆
    【保健・衛生用品】
    生理用品、おとな用オムツ(Lサイズ、パンツタイプ)、消毒用アルコール

    【赤ちゃん用品】
    おしりふき、哺乳瓶、

    【食事関連】
    紙コップ、
    紙皿、割り箸

    ◆その他◆
    嚥下補助食品(商品名:トロメリン)、経腸栄養剤(商品名:ラコール)
    ポリタンク20L(灯油や軽油を運ぶタンク)

    まず上記物資を名古屋から現地へお届けすることが最初の目的となります。余っているものがあればぜひ!地元名古屋の日常生活においても当然需要がありますので、緩やかに確保していくことができたらよいですね。

    また、被災地のニーズは都度変わっていくので、その都度対応していきたいと考えています。

    ◎今後の流れ◎
    現在、物資の受付場所の調整と受付方法を検討しています。各ポイント(名古屋/関東/被災地)での物資受入れ/仕分け/作業の負担を減らすために、受付日程と受付物資の種類、支援物資を受け入れるための流れを調整したいと思います。

    また、物資と合わせ名古屋→関東の物流経費(主に運賃と梱包材費用)の寄付も同時にお願いする方向で検討していますm_ _m 余剰が出た場合はそのまま現地への寄付にまわります。

    以上、現時点での概要と取り急ぎの経過報告でした。詳細は改めてお知らせします。今しばらくお待ちくださいね☆

    HIROSHI



    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    書いた記事数:431 最後に更新した日:2019/10/22

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM