ふくしま/いわき応援プロジェクトご報告

0
     4月18日(月)に皆さまからお預かりした物資をなごや地球ひろばより福島県いわき市へ向けて発送いたしました。(発送当日の様子をご紹介したかったのですが、スタッフ一同梱包発送作業で必死ですっかり写真を撮り忘れてしまったそうです^^;)

    下記がご協力いただいた物資です。縦横高さ135cmの箱x35箱分になりました。


    (1)
    【医薬品】
     カゼ薬 49箱、胃腸薬 83箱、解熱剤 28

    (2)【保健・衛生用品】

     生理用品 63

     おとな用オムツ(L9M 3LL1ML3、パット:2、バラ:2

    (3)【赤ちゃん用品】

     おしりふき 400袋、哺乳瓶 15個、離乳食 138

     粉ミルク 43 

    (4)【食事関連】

     紙コップ 1011個、紙皿 1164枚、割り箸 4934

     ウェットティッシュ(除菌滅菌効果のあるもの) 61
    (5)【高齢者向け物資】

     嚥下補助食品(商品名:トロメリン)19

     経腸栄養剤(商品名:ラコール)88

     からだふき 36 

    (6) 20Lサイズポリタンク(灯油や軽油を運ぶタンク) 10

    (7) 水 162リットル
     (2L: 53, 1.5L: 5, 1L:6, 500ml: 37, 12L: 2本)


    【ふくしま/いわき応援プロジェクトへの支援金】
    TOTAL ¥108,408-(4/20現在)
    ※梱包配送費を除いた金額は被災地支援団体へ寄付されます。
    ※配送費 34箱で合計税込32886円でした(5月16日追記)
    ※資材費 5406円(159円x34)(5月20日追記) 
     →梱包配送費は合計38292円でした。差額の70116円は震災復興に取り組むNPOに寄付いたします(改めてご報告いたします)。
     
    被災地への支援は長期にわたることは確実であり、さまざまな形、様々なルートから支援等が入ってくることにより、それぞれの被災地でのニーズも刻々と変わっていきます。

    私たちは災害支援のプロではないため、刻々と変わるニーズを常にきめ細やかに応えることができません。ある地点では支援で届いた物資が余ってしまって困っているという報道もあるように、無理に動いてもどこかにしわ寄せがでてくる可能性があります。

    今回のプロジェクトはこれで一旦区切りがつきますが、今後も状況を注視しながら、会社としても(個人としても)できることから、少しずつ、被災地の支援に携わる人/団体を応援していくことで、ふくしま/いわき/東北北関東を長期的なスタンスで応援できればと考えています。

    状況次第でまた新しいプロジェクトを立ち上げる可能性もあります。その際にはまた皆さんと一緒に、力を合わせて取り組むことができればと思います。

    フェアトレーディング/フェアビーンズ関係者を代表して、今回のプロジェクトにご賛同いただいた方々に御礼申し上げます。

    本当にありがとうございました!

    有限会社フェアトレーディング 取締役 林口 宏

    【今回のプロジェクト関連情報etcです】
    うつくしまNPOネットワーク
    http://www.utsukushima-npo.jp/
    地震発生直後の命をつなぐための支援として設けられた、物資を受け付ける「いわき基地(好間工業団の共立印刷内)」へ今回物資をお届けしました。現地の状況/ニーズは随時変わっており、生きるための緊急物資支援から避難者の生活の質の向上、被災者の心のケアなどへシフトしつつあります。今回の私たちが力を合わせてお届けした物資は、この移行期における被災された方々の生活環境の改善に生かされることになります。

    シャプラニール被災地活動ブログ
    http://www.shaplaneer.org/support/report_jishin_japan.html#report5
    ブログ記事を書いている小松さんと連絡を取り合いました。現地では主に被災地でのニーズ把握を中心に活動していらっしゃいます。今回はその現地のニーズに沿った物資受付プロジェクトでした。

    ZIP-FMナビゲーター 空木マイカ'sダイアリー
    http://utsugimaika.blog.fc2.com/blog-entry-8.html
    空木マイカさんのブログで、白壁店に集まった物資の様子がご覧になれます。

    【ボランティア募集中】
    現在レスキューストックヤードで宮城県七ヶ浜での震災支援ボランティア募集中☆
    http://rsy-nagoya.com/rsy/blog/2011/04/post-269.html
    特に大型免許をお持ちでマイクロバスを運転してくださるボランティアを急募しています。我こそは、という方がいらっしゃればぜひ☆


    【物資受付終了しました】皆さまのご協力、ありがとうございました。

    0
      こんにちは。多くの皆さまからお届けいただいた支援物資ですが、昨日、本日と西区倉庫にて保管していたすべての物資をなごや地球ひろばへ運び込みました。

      発送は来週18日の月曜日に、なごや地球ひろばよりまとめて、(東京経由の予定を変更して)直接いわき市好間(よしま)工業団地内の物資受付を担っている会社さんの倉庫へ発送予定です。現地のシャプラニールさんのスタッフとは連絡を適宜取り合っています。

      物資は重量物が多く、予想より送料がかかりそうなのですが(平均するとおそらく1箱送る経費は1000~1500円くらいでしょうか。物資重量を量れないので実際に発送してみないと正確な金額は分かりませんが。)、皆さまからいただいたご寄付でおそらくカバーできる予定です。ありがとうございます。使用運送会社は佐川急便を予定しています。

      かなりおおまかな数字ですが、縦横高さ135センチくらいの箱で、おそらく合計40箱前後の物資量になるかと思われます。

      詳細はまた来週ご報告いたします。取り急ぎ、現状のご報告にて失礼いたします。

      それでは皆さま、よい週末をお過ごしくださいね。

      林口 宏

      てんてこ舞いの年度初めの月曜日

      0

        年度初めの週明けということもあり、ご注文をたくさんいただいています(みなさん、いつもお世話になっています!)。

        ご注文内容を確認し、各仕入れ元さんへの商品手配や伝票作成、焙煎スケジュールの調整などでてんてこ舞い。何はさておき、まずきっちりお取引先さんに商品をお届けすることが大切。新しい取り扱い商品もみなさんにご紹介しないと(たくさんあります)。物や経済が回ることが関東・東北の元気にもつながります。がんばります☆

        週明けの本日も、地元愛知県はもとより、西は奈良県から、東は東京から、弊社に物資を届けていただいています。どのようにこのプロジェクトを知ってくださったのだろう。被災地のために実際に物資を探すこと。実際に物資を箱に詰めたりすること。物資を発送する手間もたいへん。どれ一つとっても時間も手間もかかります。ひと手間、ふた手間ではすみません。本当にうれしいです。

        先週後半には中日新聞さんにもプロジェクトをご紹介いただき、記事をみてひろばに足を運んでくださった方もいらっしゃったようですね。ひろばチームも物資を持ってきてくださった方にたくさんの元気を分けていただいているようです!

        今日はよい天気でした。きっと明日も晴れるでしょう。今週も元気にがんばりましょう☆



        物資が届いています+新たな応援ルート、ほか現在の状況です。

        0
          メルマガや、プロジェクトを紹介していただいた29日のNHKのお昼のニュースをご覧になって、いろいろご連絡やご提案、ご質問、現地の情報などをいただいています。

          【物資が届き始めています】
          現時点で手に入り難いといわれる高齢者用補助食品や、いろいろな被災地で足りないとされるおしりふき、粉ミルクなど、西区の弊社倉庫に物資が届き始めています。胃腸薬、医薬品、哺乳瓶・・・。

          もしかしたら何も届かないかも、思っていたこともあり、涙が出そうなくらいうれしいです。きっと、想いもたくさん箱の中につめて、箱に封をしてくださったと思います。ありがとうございます。

          外装や伝票にも物資明細を明記していただいて、とても、とても助かります。

          また、さっそく白壁店に医薬品やおしりふきを持ってきてくださった皆さま、ありがとうございます。

          またボランティアやプロジェクトのサポートの申し出もたくさんいただき、一同とても心強く思っています。個別/ブログ上で適宜対応させていただきますが、すぐにお返事できない場合、また個別に対応できない場合もでてくるかと思います。何卒ご理解・ご容赦いただけるとありがたく思います。

          【東北方面への新たな支援ルート】
          弊社、また個人的にも長年とても近い関係の教会/スタッフ(聖公会)ルートで、名古屋発いわき市/仙台市直通支援ルートの連絡がありました(まさに灯台もと暗しでした)。ただ、いわき市へは現地教会担当者が過労のため、いったん直接の受入れを控えたいとのことで、仙台経由でふくしま/いわき含め、東北の必要な被災地へ必要な物資をお届けするルートがメインになりそうです。
          (※【4月6日】聖公会(イギリス国教会、立教大学は聖公会系、などと言ったほうがなじみがあるかも)の物資支援体制が現地の状況に合わせ4月半ばで変更になるとのことで、現在の物資お届けルートは最初の予定通りになります。)

          友人は教会つながりで名古屋のフードバンク事務所ともつながりがあるそうで、「名古屋→シャプラニール→うつくしまNPO」と「名古屋の御器所発、東北(もしくはいわき市)行きの聖公会ルート」の2つのルートが中心になりそうです。そのスタッフ(友人)も先日物資を盛岡まで車で届けに行ったそうです(車中2泊1日の強行軍!)。近日中にいわき市で被災した外国人支援に向かうとのことです。

          臨機応変に、物資を送ってくださる方の気持によりお応えできるように対応していきますね。

          【遠方からのご寄付】
          遠方からのご寄付のお問い合わせ、ありがとうございます。

          物資受付場所で募金箱を設置していますが、なかなか足をお運びいただけない場合もありますよね。もしプロジェクトへの寄付をお振り込みご希望の場合はお問い合わせください。

          寄付金は全額プロジェクト経費、または弊社つながりの被災地支援組織等へお届けいたします。
          ※通信販売の代金と合わせての銀行振込等は、経理上、処理が難しいのでご遠慮くださいね。

          【余談^^】
          以前、ちらりと書いた「Cheer up(チアアップ) ジャパンプロジェクト」。自分向けにもかなりよい感じです=∀=

          すこし気分が落ち込んだり、いろいろあって下を向いてしまったり、ちょっと疲れて元気がなくなってしまったり、被災地に思いをはせて気持が少し悲しくなってしまったりしたときに、「チア アップ ひろし」(た、たとえばです^^;。名前はご自分のお名前を入れてくださいね(笑))、と心の中で自分を励ますと、かなり元気になって前を向けます(笑)。けっこうホントですよ。よろしければいちどお試しくださいねv^^v

          HIROSHI
          え、仕事ですか?もちろん、全力でこなしています!力いっぱい対応しますので、どうぞよろしくお願いします!

          【受付開始しました】ふくしま/いわき応援プロジェクト

          0
             

            Cheer up ジャパンプロジェクト

            ふくしま/いわき応援プロジェクト

             

            【目的】

            メインの震災/津波報道からはずれ、放射能の風評被害で物流などが滞り、物資の不足など困難な状況が伝えられている福島県いわき市の応援に軸足をおいて、名古屋/東海地方にいる私たちができることから東北関東大震災の被災地を応援することを目的とします。

             

            【支援物資の物流ルート】

            2つのルートで必要な物資を必要としている被災地へお届けします。うつくしまNPOネットワークからの情報をベースに物資受付を行いますが、必要物資は刻々と変化します。その情報を元に、シャプラニール/セカンドハーベストジャパンへ物資を振り分けて発送し、福島/いわき市支援を軸に東北各地の被災地へ必要な物資を送ります。

             

            (1)ピンポイントで福島/いわき市を応援するルート

            名古屋 → 東京(シャプラニール)→ 福島(うつくしまNPOネットワーク) → いわき市/他県内被災地

             

            (2)福島のニーズを踏まえつつ、福島を中心に臨機応変に東北各地へ物資をお届けするルート

            名古屋 → 東京(セカンドハーベストジャパン(2hj)

               → 茨城(フードバンク茨城)→ 福島の被災地へ。もしくは、

               → 仙台(2hjの東北被災地支援の拠点)→ 東北各地の被災地

             

            ※物資をお届けいただく際のお願い(重要:必ずご確認ください)

            今回の支援プロジェクトは現地のニーズに応じて物資をお届けすることと合わせて、支援に携わる東京や被災地の物資関連作業軽減も目的の1つとしています。そこでお願いです。

             

            1つからのご協力も助かります。よろしくお願いします!

            (特に重要)お願いしている物資限定、未開封の物資のみのご協力をお願いします。

            ・宅配でのお届けの際は、箱に「なに」が「いくつ」入っているか外装にご明記をお願いします。

             

            作業軽減と必要な物資を効率よくお届けするために、上記ご協力をお願いします。「きっとあれもこれも必要だよね」といろいろな物を細かく詰め込んで、というのは、お気持ちはわかります!が、そ・こ・を「ぐぐぅっ」こらえて募集物資のみのご協力をお願いします☆

             

            【受付場所/第一次受付期間/受付方法
            ※受付場所により、受け取り方法、受付物資が違いますのでご注意ください。
            1 受付場所:「フェアビーンズ」なごや地球ひろば店
              受付期間:42()/3()9()/10()
              受付時間:11:00-1500
              受付方法:直接お店にお持ちください。
                   ※JICA中部様のご厚意によりJICA中部の駐車場も使用可能ですが、
                    駐車台数に限りがございますので、状況によって向かいのコイ
                    ンパーキングをご利用くださいね。
             
            2 受付場所:『フェアビーンズコーヒー文化のみち白壁店』
                受付期間:3月29日(火)〜4月10日(日)※月曜/木曜はお休みです。
              受付時間:11:00-1700
              受付方法:直接お店にお持ちください。
                   ※駐車場はございません。申し訳ございません。
             
            3 受付場所:()フェアトレーディング
                  452-0823 名古屋市西区あし原町145番地/052-504-6665
                受付期間:3月29日(火)〜4月11日(月)
              受付方法:宅配のみになります(午前着でお願いします)。


            ※第1次物資受付の状況と現地のニーズ等も踏まえ、第2次以降の支援/応援の流れ/形を検討いたします。

             

            「直接持ち込み」2か所で受け付けています>

            1、『フェアビーンズなごや地球ひろば店』

               (名古屋市中村区平池町4-60-7/052-583-6480
             http://www.jica.go.jp/nagoya-hiroba/information/access.html
              ※受付物資:下記7カテゴリー

            ※受付は週末4日間のみです(42()/3()9()/10()

            ※すべて未開封の物品に限ります。食品類は賞味期限にゆとりのあるものをお願いします。

            (1)【医薬品】カゼ薬、胃腸薬、解熱剤

            (2)【保健・衛生用品】生理用品、おとな用オムツ(Lサイズ、パンツタイプ)

            (3)【赤ちゃん用品1】おしりふき、からだふき、哺乳瓶、

            【赤ちゃん用品2】離乳食、粉ミルク

            (4)【食事関連】紙コップ、紙皿、割り箸、ウェットティッシュ(除菌滅菌効果のあるもの)

            (5)【高齢者向け物資】嚥下補助食品(商品名:トロメリン)、経腸栄養剤(商品名:ラコール)

            (6) ポリタンク20L(灯油や軽油を運ぶタンク)

            (7)

             

            2、『フェアビーンズコーヒー文化のみち白壁店』

              (名古屋市東区主税町4-76-2/052-508-7174)
             ※受付物資:下記3カテゴリー

             ※月曜、木曜はお休みです。

            ※すべて未開封の物品に限ります。食品類は賞味期限にゆとりのあるものをお願いします。

            (1)【医薬品】カゼ薬、胃腸薬、解熱剤

            (2)【赤ちゃん用品1】おしりふき、からだふき、哺乳瓶、

            【赤ちゃん用品2】離乳食、粉ミルク

            (3)【高齢者向け物資】嚥下補助食品(商品名:トロメリン)、経腸栄養剤(商品名:ラコール)

             

            「宅配」:宅配での受付は下記1か所のみです!お間違えのないように☆>

            ()フェアトレーディング(名古屋市西区あし原町145番地/052-504-6665

             ※受付物資:下記4カテゴリー

             ※午前着指定にてお送りください。送料は発送主様ご負担でお願いいたします。

            ※すべて未開封の物品に限ります。食品類は賞味期限にゆとりのあるものをお願いします。

            (1)【医薬品】カゼ薬、胃腸薬、解熱剤

            (2)【赤ちゃん用品1】おしりふき、からだふき、哺乳瓶、

            【赤ちゃん用品2】離乳食、粉ミルク

            (3)【高齢者向け物資】嚥下補助食品(商品名:トロメリン)、経腸栄養剤(商品名:ラコール)

            (4)

             

            <ふくしま/いわき応援プロジェクト経費ご寄付のお願い>

            運送費用/梱包材費用/その他諸経費で、物資を集約した箱1つを関東に届けるために600700/箱 前後の経費が必要となる見込みです(送料約550円+梱包材等経費約150円)。物資を現地へ届けるためのご寄付も、物資と合わせてご協力お願いいたします。

            ※物資受付場所で募金箱を設置しています。

            ※余剰が出た場合はそのまま現地支援に回ります。

             

            <ご質問/お問い合わせ>

            ◆ご質問等ございましたら、弊社オンラインショップのメールフォームからお問い合わせください。ブログ上にてQ&A形式で情報共有をしたいと思います。

            ()フェアトレーディングでは、日常業務と並行してボランティアでこのプロジェクトを行っています。お電話でのお問い合わせは日常業務に影響が出てしまいますのでどうぞご遠慮くださいね。

             

            どうぞよろしくお願いいたします。

             

            フェアビーンズ/()フェアトレーディングスタッフ一同

             

            <関係団体ご紹介>

            今回の被災地支援はFBと直接/間接的に繋がりのあるNGO/NPOを通して行われます。

            【シャプラニール http://www.shaplaneer.org/

            貧困撲滅に取り組む国際NGOFBなごや地球ひろば店でもシャプラニールの商品をたくさん取り扱っています。

            【うつくしまNPOネットワーク http://www.utsukushima-npo.jp/

            いわき市はじめ、福島県内の被災地支援に直接あたっています。

            【セカンドハーベストジャパン http://www.2hj.org/index.php/jpn_home

            児童養護施設の子供たちやDV被害者のためのシェルター、さらに路上生活を強いられている人たちなどの元に届けるフードバンク活動を行う日本初のフードバンクです。()フェアトレーディングが卸で商品を取り扱う取引先企業(アリサン、ミトク)も支援企業になっています。

             


            いわき市の近況(3/27)

            0
              いわき市応援プロジェクトの関係で、名古屋でNPO活動を行っている10年来の知り合いにいわき市出身の方がいらっしゃることが分かりました。いわきに戻ったその方のご親族からの情報が昨晩夜遅くに届きました。

              「 一週間前にいわき市に戻った弟がだれもいなくてゴーストタウンのようだといっていました。それが一昨日から人が戻り始めているようです。月曜日から仕事が始まる職場も多いようです。」

              水も食料も燃料も十分でない状況ですが、日常を取り戻すために動き始める時期に差し掛かっているようです。

              Cheer up(チア アップ) ジャパン プロジェクト

              0
                日経BPオンラインに掲載されていた記事です(登録しないと読めないのでしょうか。もしそうであればごめんなさい)。

                サービス業を破綻から救え 「消費の自粛」という第4の災害
                http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20110322/219080/

                弊社が商品を分けていただいている関東の商品仕入れ元さんは、今回の震災での交通事情の悪化、計画停電などで、とても不便な状態で業務をされていたりします。現時点で業務を停止されているある業者さんからは、弊社へは商品がしばらく入ってきません。

                弊社は北関東・東北方面の直接のお取引先はほとんどありません。が、弊社がお世話になっている関東の業者さんは数多くその方面のお取引があると思いますし、業務への影響も大きいと思います。(その業者さん経由で北関東・東北方面でも弊社コーヒーやココアを取り扱っていただいていると思います。)

                また、記事にあるように全国のおもてなし業の皆さんは本当に厳しい状況に直面していると思います・・・。

                さまざまなことの自粛はこのような状況なので当然やむを得ないのですが、こんな時だからこそ、関東以西にいる私たちが元気を出して普段の生活を行っていくことが、めぐりめぐって、関東、北関東、東北方面、日本全体の元気にもつながると思います!(大げさかな^^)

                そこで、こんなプロジェクトを思いつきました。

                【Cheer up(チア アップ) ジャパン プロジェクト】
                Cheer upとは「元気を出そう!」「元気出して!」という意味です。特に難しいプロジェクトではありません。「みんな、今日も元気出して行こうぜ!」という、だれでもできる簡単なプロジェクトです。ええ、思いつきです(笑)。

                では今日もCheer up!

                HIROSHI

                【受付はまだです♪ 支援準備の途中経過☆】ふくしま/いわき応援プロジェクト(仮称)

                0

                  がんばれ東北、がんばれ福島、がんばれいわき

                  ふくしま/いわき応援プロジェクト(仮称)

                  このプロジェクトは、メインの震災/津波報道からはずれ、放射能の風評被害で物流などが滞り、物資の不足など困難な状況が伝えられている福島県いわき市の応援に軸足をおいて、名古屋近辺にいる私たちができることから少しずつ震災復興の応援を行っていきたい!というプロジェクトです☆

                  ◎支援物資の物流ルート◎
                  現在、被災地支援に取り組んでいる関東地方のNGO/NPOの協力のもと、名古屋から2つの物流ルートでの物資支援を検討しています。

                  1つはピンポイントでいわき市を中心とした福島県の支援(名古屋→東京→福島)。

                  もうひとつは、福島のニーズを踏まえつつ、福島を中心に臨機応変に東北各地へ物資をお届けするというルートです(名古屋→東京→茨城→福島 or 東京→仙台→東北各地)。

                  この2つのルートは現時点でほぼ確定しています。

                  ◎必要物資の最新情報◎
                  現時点における福島県/いわき市で必要な物資の情報が本日(22日)届きました。すでに関東地方では品薄で確保することが難しい物資も含まれています。

                  ◆医薬品◆
                  カゼ薬、胃腸薬、解熱剤

                  ◆日用品◆
                  【保健・衛生用品】
                  生理用品、おとな用オムツ(Lサイズ、パンツタイプ)、消毒用アルコール

                  【赤ちゃん用品】
                  おしりふき、哺乳瓶、

                  【食事関連】
                  紙コップ、
                  紙皿、割り箸

                  ◆その他◆
                  嚥下補助食品(商品名:トロメリン)、経腸栄養剤(商品名:ラコール)
                  ポリタンク20L(灯油や軽油を運ぶタンク)

                  まず上記物資を名古屋から現地へお届けすることが最初の目的となります。余っているものがあればぜひ!地元名古屋の日常生活においても当然需要がありますので、緩やかに確保していくことができたらよいですね。

                  また、被災地のニーズは都度変わっていくので、その都度対応していきたいと考えています。

                  ◎今後の流れ◎
                  現在、物資の受付場所の調整と受付方法を検討しています。各ポイント(名古屋/関東/被災地)での物資受入れ/仕分け/作業の負担を減らすために、受付日程と受付物資の種類、支援物資を受け入れるための流れを調整したいと思います。

                  また、物資と合わせ名古屋→関東の物流経費(主に運賃と梱包材費用)の寄付も同時にお願いする方向で検討していますm_ _m 余剰が出た場合はそのまま現地への寄付にまわります。

                  以上、現時点での概要と取り急ぎの経過報告でした。詳細は改めてお知らせします。今しばらくお待ちくださいね☆

                  HIROSHI


                  名古屋市/愛知県の個人からの救援物資受付情報

                  0
                    名古屋市と愛知県が個人からの支援物資の受付を開始しましたね。直接持ち込みのみ、郵送は不可。県からの物資支援先は宮城県の被災地のようです。

                    【受付期間(県/市とも同じ)】
                    平成23322日(火曜日)から328日(月曜日)。午前9時から午後5時まで。


                    ◆名古屋市の告知ページ
                    http://www.city.nagoya.jp/kodomoseishonen/page/0000022699.html

                    【物資受付場所】旧名古屋市立六反小学校体育館(名古屋市中村区名駅南四丁目638号)

                    連絡先:090-3253-8170322日(火曜日)以降 午前9時から午後5時まで〕
                     

                    【受付品目(未開封のものに限ります)】

                    現地での仕分け、搬送等の手数により現地での物資の配布作業の妨げになることを避けるため、物資の種類、仕様等を次のとおり限定して、受付を行います。

                     

                    保存米飯(乾燥米飯、缶詰米飯、包装米飯〔パックごはん・レトルトごはん〕)

                    乾パン

                    即席めん

                    プルトップ式缶詰

                    粉ミルク

                    紙おむつ

                    生理用品


                    ◆愛知県の告知ページ(PDFファイル)
                    http://www.pref.aichi.jp/saigaijoho/pdf/20110320-kisyahappyou.pdf

                    【物資受付場所】尾張県民事務所、他5か所の県民事務所(半田、津島、豊橋、岡崎、新城)

                    尾張県民事務所
                    〒460-8512 名古屋市中区三の丸二丁目6番1号
                    電話: 052-961-1427
                    E-mail: owari@pref.aichi.lg.jp

                    県と市の受付の対応方法/受付期間等は同じようです。

                    受付場所と現地での仕分け作業軽減などのため、持ち込みの際の約束事がいくつかありますね。持ち込む前にぜひ市/県の告知ページを確認してから持ち込みましょう☆


                    【準備中】福島いわき市・北茨城方面への救援物資受付について

                    0
                      現在、福島県いわき市、北茨城方面への救援物資の取りまとめに関して弊社にてどのように対応可能か、茨城で支援に取り組んでいる団体と連絡を取り始めています。

                      つい先ほど、「ちょうど救援物資第一便がつくばから福島方面に出発しようとしているところです」との連絡を受けました。実際の被災地の現場の状況を踏まえ、今後何をお届けし、どのように動くのがより良い支援につながるか、先方の検証の返事を待ってから、先方のニーズに合うできる限りの対応ができればと思っています。

                      上記、具体的な動きがあり次第ご連絡しますね。

                      では本日も元気を出していきましょう☆

                      HIROSHI


                      calendar

                      S M T W T F S
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      252627282930 
                      << June 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      links

                      profile

                      書いた記事数:390 最後に更新した日:2017/05/20

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM